飲みやすいタイプを選んで毎日の生活で飲み続けよう

毎日サポート

ストレス緩和にも良いとされる大麦若葉の青汁

大麦若葉の青汁には精神面を落ち着かせる性質のあるビタミンが含まれており、蓄積した疲労を回復する作用があります。青汁はダイエットや健康だけに良いと限らず、メンタル面にも良い影響を与えるので精神的疲労を回復したいときに青汁を活用してみましょう。

様々なタイプの青汁があるのでチェックしよう

粉末タイプ

一番代表的な飲み方として粉末タイプの大麦若葉の青汁が多いです。粉末タイプは水に入れてかき混ぜることで青汁をつくることができます。粉末特有の粉っぽさを感じることもありますが、飲みやすいとともに他の飲み物と組み合わせやすいメリットがあります。

サプリメント

青汁の栄養素がサプリの中に凝縮されており、一粒飲むだけで一食分の野菜を補うことができる優れものです。粉末タイプでは臭いや食感がありますが、サプリメントは飲み込むだけなので青汁臭さが苦手という人でも気軽に飲むことができるでしょう。

液体タイプ

液体型の青汁なら開封したらそのまま直で飲むことができます。液体青汁は野菜の鮮度がそのまま使用されているので味わいも良いですが、購入して持って帰るときや、毎日持ち運びをするとなると重さがかかってしまうというデメリットがあります。

冷凍タイプ

栄養を凍らせて閉じ込めた冷凍タイプの青汁があります。解凍をすることによって青汁を飲むことが出来ます。栄養を逃さず全て吸収することができますが、冷凍は必ず解凍しなければならないため飲めるまでに時間がかかってしまうでしょう。

ジュースタイプ

青汁のジュースタイプは他の味と混ざっていることが多く青汁の味が感じにくくなっているため、子供でも気軽に飲めるということが大きなメリットです。ジュースのように飲めるとともに、しっかり青汁の栄養素を取り入れることができます。

いくつかタイプのある青汁

女の人

カリウム不足になると元気が出なくなる

なんだかここ最近やる気がなく何も行動を起こす気にもならないという人は要注意です。身体の中にあるカリウムが不足してそうした症状が起きている可能性があります。大麦若葉の青汁にはカリウムが豊富に含まれるので、元気を取り戻すためにも青汁を飲むようにしましょう。

副作用の心配は特になし

青汁は苦さがあることから薬の1つだと思われがちですが、実際は食品に分類されているものなので特に副作用を起こしてしまうことはないとされます。ですが飲むタイミングによっては控えた方が良いときもあるので、注意事項を把握しておきましょう。

過剰摂取は身体に異常を引き起こす

たくさんの栄養が含まれる青汁ですが、青汁には脂溶性ビタミンも配合されています。脂溶性ビタミンを過剰に摂取すると発疹や頭痛、腹痛などの症状になる可能性があります。そのため1日に必要な分を摂取して、過剰摂取にならないよう気をつけてください。

病気治療を始めている方は注意

栄養素には良い相性と悪い相性があるので、病気治療のために薬を飲んでいる方でこれから青汁を取り入れたいと考えるなら医師に相談をしておきましょう。薬と青汁の相性が合わず、さらに病気の進行をさせてしまう恐れがあるのです。

広告募集中